子役オーディションの必勝法を学んで何百人の中から選ばれる方法

チャンスを掴もう

子役の世界でも、そのチャンスを掴みとれる人はごくわずかです。そして、オーディションを受ける人は何百人と存在するでしょう。その中から選ばれるには、強みや力の発揮の仕方を知っておくことが重要だといえます。

子役のオーディション必勝法

普段の自分を見てもらおう

子役のオーディションを受ける時に、服装で迷う親御さんも多いはずです。子どもに変なプレッシャーを与えないためにも、なるべくいつも通りの服装を選びましょう。この時に、清潔感は崩さないようにするのがポイントです。

ハキハキと話す

子役であってもさまざまな役をこなし、セリフを話すことが求められます。そのため、ハキハキと話す練習をしておくと良いでしょう。相手に聞こえやすい声を意識することが大切です。

とにかく忍耐

大規模なオーディションや、主役をはるようなオーディションであれば、場合によっては3次オーディションまで続くでしょう。多い時で4次まであります。そのため、とにかく忍耐が必要です。体調管理と絶対受かるんだという強い意識を持ちましょう。

可能性を広げるために

地方の人であれば、方言やなまりが出てしまうと思います。役者を目指すのであれば、標準語が話せるように訓練をしておくと可能性を存分に広げられるでしょう。

大人の前でも話せる

芸能界に入れば、大人に囲まれることが多くなると予想されます。また、オーディションの審査も大人が行なうため、大人とでも緊張しないで話せる訓練をすると良いです。

子役オーディションの必勝法を学んで何百人の中から選ばれる方法

子供

何から始めるべきか

わが子を子役にしたいと思ったら、事務所所属を目指すことから始めましょう。事務所に所属すれば、オーディションを受けるチャンスを掴めます。事務所を選ぶ際にはどれくらいの子役を排出してきたか、レッスンなどはやってくれるのかなどチェックすることが重要です。

目的を決めてスタート

わが子を芸能界に入れたいから、ただオーディションを受けるという考えでは幸先不安です。そのため、計画的に進めていくことが大切になります。演技の出来る子役になりたいのか、モデルやバラエティー番組に出るようになりたいのか、将来像をはっきりさせて決めると良いでしょう。

子役に必要な演技力

子役に必要な演技力とは、ありのままの子どもらしさです。セリフや演技などが決まった中でカメラの前で、子供らしさを存分に出せる子どもが役者としての道を切り開けるでしょう。そのため、わざとらしさが出ないような自然な演技が求められます。

オーディションに受かる人落ちる人 

受かる人

何百人が参加するオーディションを受けて受かる人でも緊張はします。そんな中でも練習してきた成果を出せる人がオーディション合格の切符を手に出来る傾向があるでしょう。

落ちる人

同じ条件で受けてもオーディションに落ちてしまう人も中にはいます。その人たちに多く見られる特徴として、声が小さいことや、緊張して自分の力を発揮できないということが挙げられます。常に自然体でいられる訓練が必要でしょう。